イベントで使用している著作物に対する考え方

R・P・Gが開催しているDQX内のプレイヤーイベントのうち、名探偵コナンの漫画・アニメのキャラクターやその映画等をモチーフにしたものがあります。

法的な点も踏まえ、これらに対する考え方は以下の通りです。

 

はじめに

 イベントでモチーフにしている名探偵コナンの漫画・アニメ・映画の著作権等につきましては、下記のような根拠に基づいて使用しております。

根拠

非営利】

 我々が開催しているイベントは、非営利で行っております。

 コゴロー個人がゲーム内でルールに則った正当な方法で日々取得しているゴールドを用いて、イベントに参加頂いている(コゴローと一緒に遊んでくださる)皆様に、賞金等で還元こそすれ、RMT(Real Money Trade)はもちろんのこと、ゲーム内通貨を徴収することは行っておりません。

 また、YouTubeやブログに関しても、アフェリエイト含め一切の収入を得ておりません。現在のチャンネル登録者数の少なさ(2021年8月現在 330名)からも、ご理解いただけると思いますが、今後チャンネル登録者数が増えた場合につきましても、イベントで使用する動画等につきましては収益化する予定もありません。ブログにつきましても、広告のない固有サイト内のブログであることから、収益化の意図が無いことをご理解いただけると思います。

【名探偵コナンの著作権についての小学館からの見解】

 名探偵コナンの画像利用については、下記条件に類する場合、許可は不要という見解が小学館より出されております。

  • 原作漫画・書籍のスクリーンショット及び写真(書影)⇒ 許容範囲内であれば問題なし。

  • コラボやアプリ等に関するニュース(リリース)で使われている素材 ⇒ 引用表記すれば問題なし。

  • 一般の方のイラスト・模写 ⇒ 個人利用の範囲であれば問題なし。著作権という範疇ではない。

  • 本文素材の利用 ⇒ 問い合わせの上、許可が下りれば素材提供される。その範囲内ならOK。

(引用:https://choconan.com/conan-news11/)

【YouTube上の音楽使用基準】

 音楽につきましては、YouTube側の使用基準に則って運用しています。

 「歌ってみた動画」「演奏してみた動画」等、自身で演奏したものついてはYouTube側がJASRACに著作権料を支払っており、配信者が許可を取ったり、著作権料を支払ったりする必要はありません。

【音声の著作権について】

 喋りかたや特徴などは、著作物ではないため、モノマネや声真似は著作権法上の許可を必要としません。

【ドラゴンクエストXの動画・配信ガイドライン】

 ドラゴンクエストXの動画・配信ガイドライン(https://support.jp.square-enix.com/rule.php?id=2620&la=0&tag=transmission)に沿って配信を行っております。

R・P・Gのイベントでは画像、映像、音楽、音声の転載・流用は行っておりません

 上記根拠をもとに、DQ10に関するものについては、DQ10の配信ルールに準拠して使用しています。名探偵コナンの画像、映像、ロゴ等についても、そのものを転載するような事は行っておりません。また、これらの一部を加工したり切り抜いたりして使用することも行っておりません。

 あくまでも、模写・イラストに類するもので、白紙の状態から作成しています。

 ドラゴンクエストX内でのキャラメイク等に関しては、模写あるいはコスプレの範囲内です。

 また、音楽につきましても、原曲とは違うことが分かるよう、あえてアレンジを加えた演奏を行っております。既存の楽曲をそのまま使用してはおりません。 

 音声につきましてもアニメや映画から流用したものはなく、声真似したものを使用しております。

 これまでのイベントで使用した動画、画像、音楽、音声について、YouTubeからも、関連各社からも、一度も申し立てや申告、注意を含めて受けておりません。

 

商標について

 イベント内で使用している文言について、「リアル脱出ゲーム」「リアル潜入ゲーム」「街歩きナゾトキゲーム」を現在商標として認識しております。イベント告知などの表記として内容をわかりやすく表現するために「リアル脱出ゲーム風」という表現をしておりましたが、商用ではないため、問題ない範疇と思われます。

 しかしながら、関係性などの誤解を招きかねないため、一般的な「脱出ゲーム」「謎解きゲーム」という表記を使用するようにします。

 

(2022.2.27追記)

イベント自体の誤解を招かないようRPGが提供する謎解き企画には「脱出フロム」というロゴ表記を行うこととしました。

 

さいごに

 上記の理由により、使用に許可が必要ない、あるいは使用が認められているものであるものであるとはいえ、面白ければ何でも良いというふうには考えておりません。原作の価値を損なわないような配慮は十分必要だと考えております。

 多くの方が楽しめ、DQ10、名探偵コナン、謎解き、これらに興味のある方のため、また、これらのファンの方々のため、もちろん、私達自身がこれらを楽しんでいくため、それぞれの魅力が伝わるようなイベントを企画していきたいと考えております。

 しかしながら、意図せず原作側の想定している許容範囲を外れてしまった場合、求めがあればそれを是正し、必要があればイベントを中止する等の対応を行いたいと思います。

 この点につきましては、イベントに参加される皆様にも、ご理解を頂ければと思います。

2021年8月 コゴロー

(2022年2月追記)